サラリーマンが副業で成功するために1番目にやるべきこと

「副業する時間を作ること」、それがサラリーマンが副業で成功するために1番目にやるべきことです。

そもそも「ほったらかして月30万円稼げる」、「1日10分だけでOK」というような極端なネットビジネスのお誘いはたいていが夢物語で、どうしても時間をかける必要があります。

副業とは、「自分の時間」を投資して、そこからお金を生み出していくことです。

副業で何をするかというのは、2番目に考えることです。

まずは時間から見直しましょう。

「時間の使い方」で副業の成功は決まる。

副業が失敗する最大の理由は、「副業をする時間がないこと」です。

1日24時間のうち、睡眠時間が7時間だとすると、残り17時間です。

サラリーマンは本業がありますから、例えば朝9時から夜19時まで残業して10時間働いたとすると、残りは7時間です。

通勤時間、家事の時間、ご飯を食べる時間、風呂の時間など他にもやることはたくさんあります。

子どもがいれば育児の時間も必要です。

副業をするということは、そんな時間の中に「副業の時間」を押し込めるということです。

24時間という枠は決まっているので、副業をするためには「何かをやめる」しかありません。

時間の使い方が変わらない限り、人生は変わらない。

副業で1番難しいのはこの「やめる」ということですから、そこから手を打たなければ、副業そのものをやめてしまうことになります。

24時間のうち、自分が「やめる」ことができる時間はないでしょうか?

  • スマホゲームをやってしまう
  • テレビをだらだら観てしまう
  • 気づいたらネットサーフィン
  • 毎日Youtubeをみている
  • twitterばかりやっている
  • 残業が当たり前
  • 飲み会の2次会は当たり前
  • 家事や育児が忙しい

いろんな時間の使い方があると思います。

自分の大事な時間を「副業の時間」として使えるか、つまり、時間の優先順位を最優先にできるかどうかです。

「何かの時間」と置き換えることができるかどうかで、人生が変わります。

大変残念なことに、この時間を置き換えることができなければ、今と同じ生活が繰り返されていきます。

毎日毎日が同じことの繰り返しなのは、毎日毎日同じことをしているからです。

時間の使い方が変わらなければ、自分が思う方向へ人生は変わりません。

今より良い生活をしたいのであれば、時間の使い方を見直すのです。

悪魔がささやいた副業時代

私が独立する前、日中はサラリーマンとしてフルタイムで働いていました。残業も夜9時くらいまでやっていました。

共働きなので、妻と分担しながら家事や育児もしていました。

そのため、全部が終わるのが夜の11時か12時くらい。

私が副業をするためには、毎日の睡眠時間を削るしか方法がありませんでした。

深夜2時くらいに「なぜ自分はこんなにがんばっているんだろうか」と、ふと我に返るときがありました。

「本業だけでもなんとか生活はできるのに、こんなにがんばる必要があるんだろうか・・・」

と思った瞬間、悪魔がささやきます。

『もう副業なんてやめて、さっさと寝ようぜ』

その言葉が頭の中をよぎったときに、ハッとしました。

おそらく、今まで多くの人が副業で挫折していったのは、この悪魔のささやきを聞いてしまったからでしょう。

副業で稼げなくてうまくいかなかったり、

本業が忙しくなって副業から離れてしまったり、

自分以外の人が遊んでいるのを見てしまったり、

そんなときに悪魔がささやきます。

自分の時間がうまく作れなかった人は、悪魔のささやきを聞いて、また元の生活に戻ってしまいます。

私は、人生を変える必要がありました。

残業時間を夜9時から7時までにする日を増やしたり、ガラケーをやめてスマートフォンに変えてスキマ時間を徹底的に使ったりと、時間の使い方を常に見直しました。

おかけで、副業の収入が本業の収入を超えるまで続けることができました。

最後に

副業は、一時的に稼ぐために行うものではありません。

稼ぎ続ける必要があります。

稼ぎ続けたかったら、時間の使い方を自分でコントロールしましょう。

そのために、まずは今すぐに「何」をやめますか?

 

関連記事

関連記事がありません。